脂肪細胞には何種類かありそれぞれ特徴があります

脂肪細胞には何種類かあります。
皮下脂肪のようなぜい肉を脂肪として思い浮かべる人が大半ですが、脂肪の中でもそれは最後です。
様々な用途で体内でエネルギーが使われた後、それでも残ったものが皮下脂肪です。
脂肪は顕微鏡で見ると、脂肪細胞が集まっている状態で、実は種類が2つあります。
脂肪細胞の中でも比較的色が薄いものは、白色脂肪細胞というエネルギー蓄積用の細胞です。
ミトコンドリアを多く含む脂肪細胞が、褐色脂肪細胞という細胞の種類になります。
いずれの脂肪細胞ともに、似たような成分でできています。
ただし成分の構成要素はそれぞれ異なり、そのために体への影響が変わってきます。
ダイエットなどで減らそうとする脂肪は、多くの場合は白色脂肪細胞です。
白色脂肪細胞は油滴の割合が多く、肥満体型の原因となっています。
褐色脂肪細胞も油滴がありますが蓄える量は少なく、働きとしてはどちらかといえばミトコンドリアがメインとなります。
褐色脂肪細胞は成人になると、体の中でもほんの限られた一部分にしか存在しなくなるので、あくまでも白色脂肪細胞が肥満のカギを握っているという事になります。
キャビスパEX効果なし?本当に痩せた使い方 | 2ch評価口コミ